« 連休の合間 | トップページ | 次の楽しみはこれ! »

2007年5月 2日 (水)

関西弁講座「フレッシュ」

【意味】
1.英語で言う「新鮮」 つまり、flesh
2.コーヒーに入れる「ミルク」

 

【解説/ひとこと】
1の意味は関西弁ではないので、いいでしょう。
問題は2です。

最近は関西の喫茶店でも「ミルク」というところもちらほらと出てきましたが、まだまだ「フレッシュ」というところの方が多いです。
実は私、1年ぐらい前まで「フレッシュ」という言葉は関西だけだとは知りませんでした。
ほかのところで言わなかってよかった(笑)

関西以外(確か東京だったと思いますが)でコーヒーを注文し、フレッシュ(つまりミルク)をいれようとしてびっくりしたことがあります。
それは、さらっとしていて「ミルク」そのものだったことです。
これに対し、関西でのフレッシュ(つまりミルク)はとろみがあるところが多いです。
最近はどうなんでしょうか?

この「フレッシュ」正式(?)には「コーヒーフレッシュ」といいます。
もともと八尾市のメロディアンという会社が最初にポーションタイプ(よくあるあの端っこを折って注ぐタイプ。わかりますかねぇ・・・)の製品を発売し、大ヒットしたそうです。
その名前が「コーヒーフレッシュ・メロディアン・ミニ」という名前だったところから単に「フレッシュ」と呼ばれるようになったという噂があります。
  参考サイト

【発音】
レッシュ

|
|

« 連休の合間 | トップページ | 次の楽しみはこれ! »

「関西弁講座 by なんじゃ」カテゴリの記事

コメント

私は関東の人間ですが、今でもフレッシュと言われてもピンとこないので、この記事をよんでよくわかりました。フレッシュは名前だけじゃなく中身も違うんですね。ためになりました。

投稿: taka | 2011年1月10日 (月) 15時25分

◎takaさん、こんばんは
はじめまして。
細々とやってますが、もしよろしければ今後もお立ち寄りください。

関西では、必ず「フレッシュ」と言います。
私もこの記事を書いたころ調べていて、商品名が短縮されただけとは知らなかったんです。
中身が違うというのはあまり知られていないようですね。

リンク先、なくなっていました・・・
Wikipediaはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5


投稿: なんじゃ | 2011年1月10日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2695/6283512

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁講座「フレッシュ」:

« 連休の合間 | トップページ | 次の楽しみはこれ! »