« 最後には神頼み | トップページ | 到着 »

2007年4月18日 (水)

関西弁講座「いけず」

【意味】
意地悪

 

【解説/ひとこと】
いやみのあるニュアンスではなく、親しみのある意味合いです。
うーん・・・伝わるかなぁ・・・

どういう由来からこの「いけず」が出てきたのかはわかりません。
想像するには・・・

意地悪な女性がなかなか嫁ぐことができずに一人身でいることをさして
 「あの人、いけず(ヨメにいけない)やなぁ」
と言われたことからかなって思いますが・・・

まあ、嫁ぐことばっかりがいいことではないので、なんともいえませんけどね。

 

【発音】

 

【用例】
「あんた、いっつもいけずなこといいやんね」
「そんなことあらへんで。いけずなことゆわんといて」

|
|

« 最後には神頼み | トップページ | 到着 »

「関西弁講座 by なんじゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2695/6136566

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁講座「いけず」:

« 最後には神頼み | トップページ | 到着 »