« ブログパーツ整理 | トップページ | 関西弁講座「きしょくわるい」 »

2007年4月24日 (火)

JRの車内の変化

少し前、そう3月ぐらいからだったと思います。
JRの車内で気が付いたことが2点ほどあります。
もしかしたら、JR西日本、それも大阪近郊だけかもしれませんが・・・

 

1.非常ボタンのステッカー

電車内に“非常ボタン”というのがありますよね。
その付近に、“SOS”と書かれたステッカーが張り出されるようになりました。
うんうん、これは確かに見やすいですね。
いいんじゃないでしょうか。
もしかしたら、消火器を設置しているところにもあるのでしょうかね。

 

2.車掌さんや運転士さんの“ネームプレート”

車掌さんや運転士さんがいるところのガラスに、その人の名前のプレートが掲げています。
これまではフルネームで書かれていたのですが、最近見ると苗字だけしか書かれていません。
これは何か理由があったのでしょうかね。
関係者の方、もしご存知でしたら教えてください。<(_ _)>

|
|

« ブログパーツ整理 | トップページ | 関西弁講座「きしょくわるい」 »

「独り言」カテゴリの記事

コメント

ネームプレートが名字だけになったのは、個人情報保護ですよ。
名前を悪用される事例があったようです。

非常ボタンのプレートは湖西線でレイプ事件があったからのようです。

投稿: 通りすがり | 2007年4月25日 (水) 23時58分

◎通りすがりさん、こんばんは
初めまして。

情報ありがとうございます。
なるほど・・・やはりそういうことだったんですね。
“○○電車区 車掌 ××太朗”
なんて書いてましたから、情報もろにオープンでしたね。

湖西線で・・・
ちょっとググってみたところ、ニュースが見つかりました。
そこにも書かれていましたが、なんで周囲は通報しなかったのかという憤りを感じます。
これで少しでもよくなればいいのですが。


投稿: なんじゃ | 2007年4月26日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2695/6201201

この記事へのトラックバック一覧です: JRの車内の変化:

« ブログパーツ整理 | トップページ | 関西弁講座「きしょくわるい」 »