« 1/9 今日の昼飯 | トップページ | 1/10 今日の昼飯 »

2007年1月 9日 (火)

関西弁講座「ごつい」

【意味】
1.大きい
2.すごい

 

【解説/ひとこと】
今年最初の関西弁ネタです。
これは聞いたことがあるでしょうね。
1の意味がほとんどですが、たまに2の「すごい」という意味にもなります。
強調すると「ごっつい」となります。

 

【発音】
っつい  または  ごっ

 

【用例】
「あそこの店の大将、ごっつい体しとるなぁ」
「ほんまやな。体だけとちごうて顔もごっついのぉ」
「おいおい、そりゃあんたごっつう失礼やで」

|
|

« 1/9 今日の昼飯 | トップページ | 1/10 今日の昼飯 »

「関西弁講座 by なんじゃ」カテゴリの記事

コメント

ごついって大きいって意味なんですね!!
なんかチョット違うニュアンスで捉えてました。
どちらかというと、2の意味の方がイメージですね(゚ー゚*)

投稿: ゆぅ | 2007年1月10日 (水) 00時46分

またまた!

 なんかね、

 こっちでも使うよ!

 ごっつい 手だね。とか、

 ごっつい 身体だね。って!

大きいって言うより 
  筋肉質、骨ばってる…みたいな^^;

投稿: Rayで~す | 2007年1月10日 (水) 21時18分

◎ゆぅさん、こんばんは
もともとは大きいという意味なんです(と思っています)
どちらかというと「大きい」と「すごい」と両方掛け合わせたというほうが正解かもしれません。


◎Rayさん、続けてどもです
えっ、そうなんですか?
使うんですか?
ってことは、普通の言葉なんでしょうかね?

そうですね、ごつごつしたっていう意味合いが近いかもしれません。

投稿: なんじゃ | 2007年1月10日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2695/4850668

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁講座「ごつい」:

« 1/9 今日の昼飯 | トップページ | 1/10 今日の昼飯 »