« 10/24 今日の昼飯 | トップページ | そういえば(BlogPet) »

2006年10月24日 (火)

関西弁講座「しばく」

【意味】

  1. 叩く,殴る(ちょっと意味合いが違いますが)
  2. お茶を飲む

 

【解説/ひとこと】

  1. 普通に叩くのと、同じか少し強い意味があります。
    しかし「殴る」ほどではありません。
    数式で書くと
     叩く≦しばく<殴る
    という感じです。
    意味合いとしては平手で叩くことになります。
    また、物を叩くときには使わず、人を叩くときに使います。
  2. 単に「お茶を飲む」のではなく「喫茶店でお茶を飲む」という意味です。
    この意味と1の意味とを混同すると大変なことに・・・
    なぜこの意味に使われるようになったのかは???
    しかし、最近はあまり使われなくなりました。

 

【発音】
しばく  ^ ^ ^

 今回よりアクセント以外に音の高さを記号であらわしました。
 ^ が音の高い場所です。
 今回のアクセントは全部同じようなものなので、つけていません。

 

【用例】

  1. 「しょうもないことばっかりゆぅてたらしばかれるで」
  2. 「ねぇちゃん、茶ぁしばきにいかへんか」

|
|

« 10/24 今日の昼飯 | トップページ | そういえば(BlogPet) »

「関西弁講座 by なんじゃ」カテゴリの記事

コメント

へぇ!!お茶を飲むって意味もあるんですね!!
びっくり(゚○゚*)
叩くの方も若干違う意味で捉えてました。
「ヤキを入れる」的な意味かと思ってた…
「たたく」を「はたく」っていうのは北海道弁だったかなぁ~…?
違うかもしれません(^^;

投稿: ゆぅ | 2006年10月25日 (水) 01時12分

「しばく」っていう大阪弁を全国に知らしめたのは
横山やすしさんだったかもしれませんねw
「しばいたろかこらぁ~!(`Д´)ノ」って
良く漫才の中で言ってたような^^
2番の方の「茶をしばく」も良く聞いたけど
どうして叩くっていう意味のある言葉を当ててるのか分からなかったんだよね。
でも大阪の人にも分からないのねw

投稿: きみ | 2006年10月25日 (水) 13時24分

◎ゆぅさん、こんばんは
最近はあまり使われなくなりましたが、10年ぐらい前はよく使っていましたよ。
「叩く」の方で「ヤキを入れる」という意味に取られるのは、きみさんが言われている“横山やすし”さんが使っていたからかもしれません。
「しばいたろかぁ~!」と言っているときは本気で“しばく”気はあまりありませんよ。
(例外もありますけどね)


◎きみさん、こんばんは
そうです! あの“やっさん”がよく使っていましたね。
「しばいたろかこらぁ~!」って言って相方の“きよっさん”にしばかれてました(笑)

茶をしばくの語源は漫才師が言い出したという説がありますが、定かではないです。

投稿: なんじゃ | 2006年10月25日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2695/3942400

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁講座「しばく」:

« 10/24 今日の昼飯 | トップページ | そういえば(BlogPet) »